旅クラブジャパンのツアーの魅力をご紹介

ベテラン旅行屋厳選「本物の宿」〜散策編〜

こんにちは!旅クラブジャパンです。

前回に引き続き、旅行業界32年の私が選んだ本物の宿をご紹介させていただきます。今回は、宿の中でゆったりするだけでなく、ちょっと宿周辺を散策してみたい!という方にお薦めできる旅館を紹介します。

もちろん宿でゆったりだけでも素晴らしい旅館ばかりです。温泉の質がとても良くて、料理が美味しい旅館ばかりを取り上げました。しかし、それだけでなく少し外に足を伸ばしてみると自然が綺麗だったり、名所があったりする宿を厳選しました!

上林温泉 上林ホテル仙壽閣

まずは長野県下高井郡にある上林温泉の上林ホテル仙壽閣。

ここの温泉は日本に数ある源泉掛け流し温泉の中でも一番印象に残るものでした。なんと、1日に1036トン、つまり毎分720リットルもの湯量が流れるのです。大浴場では壁から滝のように湧水が流れてきて、まるで浴場が川の一部であるような気分でした。ダイナミックとはこのことを言うんだなと感じる迫力です。この温泉はぜひ一度は目の当たりにしてほしい、そう思います。

もちろん視覚的だけでなく、温泉の質もいいなと感じました。やはり湧きたてのお湯に浸かるのは普通の温泉に浸かるよりも洗われる感覚になります。

料理は、和食洋食どちらも用意されていて、信州で採れた野菜や肉などをメインに作られていて絶品でした。

そして、旅館から足を伸ばしたいというかたにお薦めのポイントは旅館から10分ほど歩いたところに地獄谷野猿公苑です。なんと冬にそこでは世界でも珍しい温泉に入った野生の猿を観察することができるんです。正直、とても可愛いです。私も本当に見ていて心が温まりました。野生の猿なので年中必ず温泉に入った猿が見れるという訳ではありませんが、冬は寒さを凌ぐために温泉に入っている頻度が上がるそうです。あたりが雪で一面真っ白の中、温泉に入る猿を見て癒されに行きたい方、特に女性の方にはとてもお薦めです!!!

ダイナミックな掛け流し温泉であったまった後は、温泉に入る猿を見て心からも温まってみてください!

駒ヶ根温泉 二人静

次にご紹介するのは長野県駒ヶ根市に位置する駒ヶ根温泉の山野草の宿二人静という旅館です。

ここでの宿泊は本当にのんびりできました。中居さんの雰囲気もとてもよく、私の需要を察してのんびりさせてくれるところが素晴らしい。色々な対応はとても良かったです。

もちろんお風呂も素晴らしい。露天風呂からは日本庭園が見えるようになっていて、私は10月くらいにその宿に泊まったのですが紅葉が華麗な曲線を描いていて一つ持ち帰りたいほどでした。ここは四季それぞれ違う顔を見せるような宿で、新緑や雪景色も綺麗だそう。私も今度春と冬に訪れてみたいものです。

そして何と言っても宿のロケーションは本当に素晴らしいです。四方が大自然に囲まれていて美しい景色でした。ぜひ散策してほしい。宿の隣には清流が流れていて、そのせせらぎの音に心を洗われました。また近くに駒ヶ根公園という大きな公園があり、アスレチックだけでなく大自然とも触れ合える場所なのでお子様連れの家族の方も楽しめます。

朝には近くにある南アルプスから登る朝日が神々しく、夕方には夕日に染まった山々がとても綺麗です。宿から車を40分ほど走らせると千畳敷カールというアルプスの山がすり鉢のように削られた地形があります。そこには様々な高山植物が咲いていました。知る人ぞ知る観光名所で自然の力に目を奪われます。フォトジェニックな写真がたくさん撮れるので若い女性の方々にもお薦めです!

葛城 北の丸

最後にご紹介するのは静岡県袋井市にある葛城北の丸という旅館。

こちらの旅館はサッカー日本代表が合宿を行った宿です。高級感あふれる建物の中で、さぞ選手たちもリラックスできたことでしょう。私もとてもリラックスすることができました。旅館内はゆったりとした時間が流れていて中居さんは程よい気の使い方をしてくれて、本当に満足です。

また、ゴルフ好きな方にはここは本当にお薦めしたい。バスで5分の距離にゴルフ場が隣接していて、ワンホール廻った後すぐに旅館に戻れて、温泉に入れる最高のロケーションとなっています。

温泉の雰囲気は独特で味のあるものでした。旅館の建築自体も木造で、高級感のあるつくりとなっていますが、温泉もまた落ち着いた建築となっています。浴槽は石造りになっていて、照明は陶器のシェードから漏れる暖かいものでした。露天風呂からは日本庭園が見え、ゴルフで疲れた体を癒すには最高の空間になっています。

ゴルフをしないという方は、日本庭園を散策するのはどうでしょうか?この旅館の広大な土地には、とても大きな日本庭園があります。桜、梅、藤、ツツジ、アジサイなど様々な種類の花が庭園には植えられていて、季節によって色々な顔を見せてくれます。

さらに、夏にはプールが解放されます。お子様連れの家族も十分に楽しめることでしょう。

食事も、海の幸山の幸を使った和洋折衷の料理を楽しむことができます。目で見ても楽しい、そういう料理が多かった印象でした。

何種類もの楽しみ方があるこの旅館にぜひ宿泊してみてください。

温泉旅館の楽しみ方はあなた次第

2回に渡ってご紹介させていただいた私の選ぶ「本物の宿」シリーズ、いかがだったでしょうか?

2回目の今回は周辺散策をしたい方にぴったりな宿をご紹介しました。もちろん中でゆっくりしたい方にもお薦めできます。人によって旅館の楽しみ方はそれぞれ違います。でも、どのように滞在したとしても落ち着けて、リラックスできる宿、それが温泉旅館の良さだと私は思います。

日々のいろいろな束縛から解放され、やりたいことを自由にやれる、そして心身を落ち着かせることができる空間を提供できるのが本物の宿ではないでしょうか?

今まで旅してきた中で、その当たり前と思えることができなかったような宿はいくつもありました。しかし、今私が紹介した宿はそれがちゃんとできている。できていて、さらに旅行客ひとりひとりのニーズをしっかり把握して対応できている。そういう宿たちでした。

まだまだ日本には他にも良い温泉旅館がたくさんあります。ぜひ、あなた流の楽しみ方で温泉旅館を回ってあなたにとっての「本当の宿」を見つけてみてください!

Copyright (C) 2016 旅クラブジャパン All Rights Reserved.

MENU CLOSE